静粛に、只今統計勉強中

仕事でデータ分析をすることになったバリバリ文系アラフィフのおっさんが、独学で統計の勉強を始めました。

ベン図だけでわかる包除原理

包除原理というのは、和集合の要素数を計算するための基本的な原理、なのだそうです。個数定理とよばれることもあるとか。 高校1年の数学Aで学ぶ内容みたいですが、私は習った覚えがありません。習わなかったと思います。習わなかったんじゃないかな。 とも…

偏相関係数は残差の相関係数だった3

前回、統計検定2級試験の2018年6月 問2で取り上げられたデータを使って、実際に、常設映画館数と一般病院病床数を各々人口に回帰させる単回帰モデルを最小二乗法で推定した時の残差、の相関係数が、偏相関係数の定義で求められる値と一致することを確かめる…

偏相関係数は残差の相関係数だった2

前回は、手持ちの入門書で偏相関係数のことを学びなおそうとしたけれども、いま一つピンとこなかった、というお話をしました。 そこで今回は、統計検定2級試験の2018年6月 問2で取り上げられているデータにとことん向き合うことで、偏相関係数は残差どうし…

偏相関係数は残差の相関係数だった1

統計検定2級試験、2018年6月 問2〔3〕の一番目の選択肢には、こう書かれています。 残差 と残差 の相関係数は,人口の影響を除去した時の相関係数であり,常設映画館数と一般病院病床数の偏相関係数とよばれるものである。 これだけだと「残差 と残差ってな…

Amazon定期おトク便がいつもお得とは限らない件

定期的に買うものがある人にとって、Amazon定期おトク便はとてもありがたいサービスですよね?*1ご多分に漏れずわたしも利用しているのですが、先日、このサービスが必ずしもお得じゃないことがあることに気づいてしまったので、ご報告したいと思います。 *1…

不偏分散の平方根は不偏標準偏差じゃなかった

分散の(正の)平方根が標準偏差であることは、みなさんご存じですよね? では、不偏分散 の(正の)平方根は、不偏標準偏差でしょうか? タイトルで種明かししちゃってるんだから、こんな謎かけしてもしょうがないんですが、でも、にわかには信じがたいです…

不偏じゃないほうの標本分散も一致推定量だった

前回、母分散の不偏推定量が不偏分散 であることをようやく理解したわけですが、推定量の望ましい性質は、不偏性のほかに一致性というのもあります。 一致性というのは、推定量が大数の法則に従っている場合に指す言葉で、 サンプルサイズが大きくなれば、推…

標本の不偏分散はやっぱり母分散の不偏推定量だった2

前回、 不偏分散について学びなおすぞ! と決意して、わりとたくさん持ってる『マンガで(ほにゃらら)統計学』を片っ端から読み返してみたけれども、全然わからなかった、というお話をしました。 今回は、もう少しハードな本とか親切なWEBサイトとかを駆…

標本の不偏分散はやっぱり母分散の不偏推定量だった1

統計学を勉強し始めて「えー、なんで?」と思うことの一つに不偏分散があります。ありますよね!? だって、 じゃなくて、 ですよ? nの後ろの-1ってなんじゃい! ってなるじゃないですか。なりますよね!? そんなわけで、手持ちの入門書をひっくり返して、…

標本平均の分布が正規分布になることをシミュレーションで確かめてみた2

前回は、の母集団からの標本を1000回抽出し、標本分布を作るところまで行いました。 今回は、サンプルサイズの大きさや母集団の分布の形によって、標本分布の形・標本平均の平均・標本平均の分散がどう変わるかを確認してみたいと思います。

標本平均の分布が正規分布になることをシミュレーションで確かめてみた1

標本平均というのは、母集団から抽出した標本の平均値のことです。言わずもがなですね。 ですから、標本平均は母集団の平均値であることが期待されるわけですが、残念ながらピッタリ一致することは滅多にありません。 母分散をサンプルサイズで割った分だけ…

Excel VBAでワークシート上の表をLaTeX形式に変換するマクロを作ってみた

12月に入ってから、 の勉強を始めました。 ってなんぞや? という方は、以下のサイトをご参照ください。 LaTeX入門 - TeX Wiki こちらのサイトを参考にさせていただき、 W32TeX というディストリビューションをインストールしました。 現在、W32TeX に付属…

統計検定2級を受験してきた

というわけで、11月25日(日)に本試験を受けてきました。 手応えとしてはまずまずだったのですが、Web合格発表はおよそ1か月後。ここ数日ソワソワと落ち着かない気分でしたが、ブログで受験報告でもしようかと思って統計検定の公式サイトを見てみた…

統計検定2級試験の合格率と設問分類で重回帰分析してみた

そろそろ試験実施日が近くなってきたので、統計検定2級試験の設問分類をあれこれ弄るシリーズも、ここでいったん締めたいと思います。勉強に集中せねば。 ラストは、合格率に影響を与えている小項目があるかどうかを回帰分析で探ってみます。*1 *1:本当は項…

統計検定2級の設問分類をクロス集計してみた2

前回に引き続き、出題の有無をダミー変数として、小項目と実施年月でクロス集計した結果をもとに、時系列的な傾向が読み取れるかどうかを探っていきます。

統計検定2級の設問分類をクロス集計してみた1

相変わらず、勉強がてら統計検定2級の過去問を分類したデータをあれこれと弄っておりますが、今回は、出題の有無をダミー変数として、小項目と実施年月でクロス集計してみました。もちろん、なんらかトレンド、つまり時系列的な傾向が読み取れたらいいなぁ…

統計検定2級の設問を分類→集計してみた4

統計検定2級の設問を分類→集計してみたシリーズの第4回です。 今回は、「解答番号」*1を合計してみました。 そんなもん集計して何の意味があるんだと言われそうですが、大まかに言って後半になるほど、つまり「解答番号」が大きくなるほど難易度が上がる傾…

統計検定2級の設問を分類→集計してみた3

前回・前々回の2回で、過去11回の統計検定2級試験の設問を、公式サイトの出題範囲表に基づいて分類し、項目ごとに出題回数・設問数を集計してみました。 集計結果を二つ並べてみると、 確率変数の期待値・分散・標準偏差が、出題回数・設問数ともに安定…

統計検定2級の設問を分類→集計してみた2

前回からの続きです。前回は、2012年~2018年6月の統計検定2級の全設問を分類し、出題回数を単純集計してみました。 続いて、設問数を集計してみましょう。

統計検定2級の設問を分類→集計してみた1

一念発起して統計検定2級を受験しようと思い、過去問を解いてみたら合格ラインに達しなくてこりゃヤバイ。というのが前回のお話でした。 その後の実際の勉強法としては、 前回の過去問を解いてみる 解けなかったところ・間違えたところをおさらいする 前々…

統計検定2級を受験することにした

これまで学んできたことを知識として定着させるべく、11月25日(日)に実施される統計検定2級試験を受験することにしました。

統計学を実生活に役立ててみよう その1 <標準偏差>

「その1」と謳っていますが、今のところ「その2」のアテはありません。もしかするとまた何か思いつくかもしれないので、含みを持たせておこうかな、と。 ともあれ、標準偏差です。割とよく目にする単語でありながら、何の意味やらよくわからん、という方は…

auからJ:COM MOBILE(モバイル)のデータSIMに乗り換えてみた4

この夏、ようやく2年縛り(誰でも割*1)の契約更新月が来たので、auを解約してJCOMモバイルのデータSIMに乗り換えました。その顛末について書いています。前回は、auの解約手続きについてまとめました。 今回は、落ち穂拾い的に細かいことについて書きます…

auからJ:COM MOBILE(モバイル)のデータSIMに乗り換えてみた3

この夏、ようやく2年縛り(誰でも割*1)の契約更新月が来たので、auを解約してJCOMモバイルのデータSIMに乗り換えました。その顛末について書いています。 前回は、JCOMのSIMカードを取り付けてIP電話の利用環境を整えるところまでをまとめました。今回は…

auからJ:COM MOBILE(モバイル)のデータSIMに乗り換えてみた2

この夏、ようやく2年縛り(誰でも割*1)の契約更新月が来たので、auを解約してJCOMモバイルのデータSIMに乗り換えました。その顛末について書いています。 前回は、JCOMに申し込んでから SIMカードが届くまでをまとめました。今回は、以下のことについて書…

auからJ:COM MOBILE(モバイル)のデータSIMに乗り換えてみた1

この夏、ようやく2年縛り(誰でも割*1)の契約更新月が来たので、auを解約してJCOMモバイルのデータSIMに乗り換えてみました。 手続きに際して事前にネットで情報を集めてみたのですが、山ほど検索にかかる割には意外と知りたい情報に当たらなかったので、…

因子分析の<沼>に片足だけ突っ込んでみた9

『マンガでわかる統計学 因子分析編』で解説される手順をエクセルExcelで確かめながら行う、因子分析の学習の最終回です。 「前回ギブアップ宣言してたのに、まだ続くんかい。」 と思われるかもしれませんが、あの後さらにズブっと<沼>の深みにハマってし…

因子分析の<沼>に片足だけ突っ込んでみた8

『マンガでわかる統計学 因子分析編』で解説される手順をエクセルExcelで確かめながら行う、因子分析の学習の続きです。前回は、バリマックス回転の角度θを求めたぜ! というところで終わりました。 今回は、θを元に因子負荷量を回転させて散布図を描いてみ…

因子分析の<沼>に片足だけ突っ込んでみた7

『マンガでわかる統計学 因子分析編』で解説される手順をエクセルExcelで確かめながら行う、因子分析の学習の続きです。前回は、Step16まで進めましたが、その次のバリマックス回転のやり方がわからなくて、さあ困った。 というところで終わりました。

因子分析の<沼>に片足だけ突っ込んでみた6

『マンガでわかる統計学 因子分析編』で解説される手順をエクセルExcelで確かめながら行う、因子分析の学習の続きです。前回は、Step15まで進めました。